看護師のラジオライフ

子育てを優先するために転職をする看護師

子育てを優先するために転職をする看護師も少なくないです。

特に看護師の場合、子どものことと仕事との両立が困難であるので、子どもを預けられる時間帯のみの勤務だったり、働く日の少ない仕事だったりが探せると良いと思います。育児の間のみ看護師をお休みするという人もかなりいますが、お金がなければ育児ができないので、看護師の資格を無駄にしない転職先を見つけた方がいいでしょう。


看護職の人がよりマッチした仕事を探すなら、勤労条件についての要望を始めにはっきりさせておきましょう。


日中だけの勤務がよい、休暇はしっかりとりたい、可能であれば患者さんの最期は看取りたくないなど、個人個人で仕事への要望は異なります。今の日本ではナースの手が足りない職場はたくさんありますので、条件のそぐわない勤務先で忍耐し続けることは無為に時間を費やすことになりかねません。看護職の人がジョブチェンジを検討するときにはインターネットの転職サポートサービスを使うとよいでしょう。


看護専門職を探している職場情報は、公共職業安定所や求人誌などには載らない場合も多数あります。


その点、看護専門のオンライン求人サービスには、通常は見られない募集案件が紹介されていることに加え、ある程度、働く人たちの傾向をつかむこと等も可能です。

躊躇しがちな給与や労働時間、保険、休暇等のかけひきをお願いできる所も少なくありません。


看護専門職が違う仕事先に変わる時も、十分な対策を必要とするのが採用面接です。試験官にマイナス点をつけられると、ナースは人手不足といえど落とされることもあるでしょう。雇用の条件に恵まれているところは志望する人もそれだけ集まりやすいということですので、後で悔いが残らないよう当日まで最善を尽くして就職面接当日を迎えましょう。TPOに配慮した品のある服を選んで、元気にレスポンスすることを心がけてください。看護師の場合でも転職がいくつかあると悪いイメージにつながるかというと、そうとは限りません。自己PRのやり方次第では、意欲と経験があるといった印象を持ってもらえるかもしれません。

しかし、勤務の期間がほんの少しであると、採用後、すぐやめると思ってしまう場合も少なくないでしょう。


自らのキャリアのことを考えて転職しようとする看護師も少なくないです。看護師としての技量を高めておくことで、収入を増やすこともできるでしょう。

看護師の仕事は職場次第で変わってくるため、自分がぴったりだと感じるところを検討することは必要でしょう。


内科の外来が合うと思える人もいれば、特養が合うという人も存在するので、ポジティブに転職を考えるのも良いでしょう。看護師として働く人が転職しようとする時、職種の異なる職に転職したいと考える人もたくさんいます。


しかし、大変な思いをして看護師の資格を取得したわけですから、その資格が活きる職場を選んだ方が良いでしょう。

全然異なった職種だとしても、有利となる職場は多数存在しています。



苦労して取得した資格ですから、活かさないのはもったいありません。



看護職員の方が別な環境へ移りたいと思った要因としては、看護スキルの向上を前面に出すのがお勧めです。


前職のことを引き合いに出して、たとえばスタッフの雰囲気がよくなかったとか、働きに対し割の合わない雇用条件だったというような、不満を転職理由にしてしまったら、わざわざ株を下げることになります。この場合は、仕事を変えたい本当の訳をストレートに伝えることはないですから、建設的にキャリアを積もうとしているということを表明してください。


看護専門職が違う職場に変わろうとした時、多くの人が壁に当たってしまうのが志望理由です。



何故、次の勤務場所としてそこを望んでいるのかを好感をもってもらえるように表すのは簡単ではありません。




高い給与や、休日が確保されるといったことも大切なことですが採用条件で選んだと見られるよりは、看護スタッフとしてもっと専門性を磨きたい等々、転職の理由に発展的な要素をもたせたものがパスしやすくなるでしょう。


看護師が転職する時のポイントは、次の仕事を決めてからやめるのが良いですね。

それに、3ヶ月ぐらいは使って注意深く確認して新たな仕事を見つけることを勧めます。

先走って次の仕事へ行くと、次の職場でもすぐに辞めざるを得なくなりかねないので、自分の希望する条件に適した仕事を念入りにチェックしましょう。


そのためには、自分の希望をハッキリとさせておきましょう。

page top